【ゲーム株概況(11/8)】通期業績予想を増額の任天堂が年初来高値を更新 大幅減益決算発表のバンナムHDは大幅続落 セガサミーHDは後場に入ってマイナスに | gamebiz
【ゲーム株概況(11/8)】通期業績予想を増額の任天堂が年初来高値を更新 大幅減益決算発表のバンナムHDは大幅続落 セガサミーHDは後場に入ってマイナスに | gamebiz
Game

【ゲーム株概況(11/8)】通期業績予想を増額の任天堂が年初来高値を更新 大幅減益決算発表のバンナムHDは大幅続落 セガサミーHDは後場に入ってマイナスに | gamebiz

【ゲーム株概況(11/8)】通期業績予想を増額の任天堂が年初来高値を更新 大幅減益決算発表のバンナムHDは大幅続落 セガサミーHDは後場に入ってマイナスに | gamebiz

Thank you for reading this post, don't forget to subscribe!

【ゲーム株概況(11/8)】通期業績予想を増額の任天堂が年初来高値を更新 大幅減益決算発表のバンナムHDは大幅続落 セガサミーHDは後場に入ってマイナスに | gamebiz

11月8日の東京株式市場では、日経平均は続落し、前日比105.34円安の3万2166.48円で取引を終えた。朝方は買いが先行したものの、中国景気の減速懸念から次第に値を崩す展開となった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、任天堂<7974>が大幅反発し、年初来高値を更新した。任天堂は、前日11月7日に第2四半期決算を発表するとともに、通期業績予想の上方修正を発表したことが市場から素直に評価されたようだ。

また、決算関連ではスクウェア・エニックスHD<9684>やLINEヤフー<4689>も高く、KLab<3656>は一時290円まで上昇した。

ほか、東映アニメ<4816>が年初来高値を更新し、coly<4175>やサンリオ<8136>なども買われた。

半面、バンダイナムコHD<7832>が大幅続落し、3000円大台を割り込む場面もあった。バンナムHDは、前日11月7日に発表した第2四半期決算が2ケタ超の減益での着地となったことが市場から嫌気されたもよう。

同様に決算関連では第3四半期決算を発表するとともに、2023年12月期通期の連結業績予想の修正を発表した東京通信グループ<7359>が4日ぶりに大幅反落した。

前場引け後に第2四半期決算や通期業績予想の修正などを発表したセガサミーHD<6460>は後場に入ってマイナスに転じた。

SOURCE : gamebiz.jp

Spread the love
READ TO  We need to talk about tech tests (and how to improve them)

Leave a Reply